ゴルフ初心者必見!一目でわかるスコアカードの書き方


ラウンド中、「今日は調子がいいからベストスコアがでるかも!?」と思い、スコア-カードを眺めるも、一目でわかることは難しいでしょう。

今回は“一目でわかるスコアカードの書き方”について述べたいと思います。

スポンサーリンク



一般的な書き方

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 OUT
PAR 4 4 4 5 3 4 5 3 4 36
石川  7 6 8 5 5 5 6 5 6  53
片山  4 5 6 6 3 5 6 5 4 44
池田  5 4 4 6 4 4 5 4 5  41
谷原  4 3 4 4 4 5 4 3 5  36

 

いかがでしょうか?

石川の場合(7+6+8+5+5…)

スコアが大きいと、計算するのが時間が必要になります。

スポンサーリンク



一目でわかるスコアの書き方

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 OUT
PAR 4 4 4 5 3 4 5 3 4 36
石川  3  2  4  –  2  1  1  2  2  53
片山  –  1  2  1  – 1  1  2  – 44
池田  1 1 1 1 1  41
谷原  – -1 -1 1 1 -1 1  36

 

上記の書き方のポイントは「パー→ー」「ボギー→1」「ダブルボギー→2」「バーディー→−1」となっています。要するに”Par”基準に差し引きすることです。最後に36を足せば合計スコアがわかります。

そのため、少ない数字を計算するので、一目でわかるようになります。

※しかし、デメリットは競技などの大会では使えないので書き直す必要がありますが、ベストスコア更新がかかったラウンドなどでは早くスコアが知りたいので有効です。私も、上記の書き方を採用しています。別コラムで書いている“トップアマから学ぶコース戦略思考と失敗事例”を中心に考えているので、スコアを数える時間を短縮したい意図があります。

スマホアプリでスコアを記入することは必要なのか?

「そんなことしなくてもアプリを使えば簡単では」と。考えられる方も多いと思います。たしかにアプリは非常に便利な方法ですが、スマホを起動することにより、着信、LINEなどが目に入りゴルフに集中できなくなります。

後記

その他にスコアカードをもっと充実させたい方は、ホールごとのパット数、OBなどを記入し、今後の課題にしていいくことも大事です。

あなたのスコアカードの書き方にも通じるところがないか、一度考えてみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク



2016年07月20日 | Posted in コース | タグ: , , No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です