ラウンド後の練習が劇的な効果がある“たった1つ理由”


ラウンド中、悔しいショットを思い出すことも多いでしょう。

  • 大事な場面でパターが外れる。
  • 大事な場面でOB
  • アプローチでホームラン

など数えればきりがありません。

今回はラウンド後の、劇的な効果と練習方法について述べたいと思います。

スポンサーリンク



課題が明確である

ラウンド中のミスを徹底的に修正することが可能だ。普段の練習とは違い課題へ取り組めるので、効率の良い練習ができるというわけだ。ラウンド後の練習では疲労が蓄積されている。そのため“手打ち、力”で打つことが難しい。しっかりとした体重移動でビハインドザボールで打つことが必須となる。無駄のないスイングが必要となる。

おすすめの練習方法は、詳しくは「量練習」は質に転化しない“たった一つの理由”にて書いてますので省きますが、一球ごとに後方から目標を確認しアドレスしてスイングして頂きたい。一球ごとに後方からアドレスに入りインパクトを迎えることで、なるべく“ラウンドのショット”と環境を同じにすることで劇的に上達する。球数が増えればいいというものではない。

ツアープロもラウンド後の練習を欠かしません。「今日のミスは今日のうちに改善すること」が重要です。

 

筆者おすすめのパター練習方法

「普段あなたは、どういったパター練習をしていますか?」おそらくパターマットで練習している方が多いと思います。しかしラウンド後は練習グリーンがあるので、“ロングパット、上り、下り”など用途にあわせて練習ができる。これほどにない濃い練習ができる。

野球で考えればバッティングセンターではなく、実際の投手を相手に“生きた球が打てる”と同じことだろう。

スポンサーリンク



後記

しかし、ラウンド後に練習と簡単に言っても難しいことも多いでしょう。あなただけでも練習できる空気であれば良いのですが

そこで、おすすめしたいのは“同じ志を持った同伴者”とラウンドすることです。「ゴルフが上達したい」と向上心がある同伴者であれば、気にせず練習に集中できるでしょう。

ゴルフを上達は簡単ではありません。しかし、ラウンド後の練習で上達への近道です。

あなたの練習方法でも通じるところがないか、一度考えてみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク



2016年07月09日 | Posted in 練習 | タグ: , , No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です